タイヤ交換・取り付け

上総ガレージの特徴

プロによる確かな技術を、
安心の価格でご利用いただけます。
当社では、ご自身でご購入になったタイヤをはじめ、サマータイヤを以前ご使用のスタッドレスタイヤへ交換する等、既に所持するタイヤのお持ち込みを歓迎いたします。国家一級自動車整備士・自動車検査員の資格を持つプロによる確かな技術を、安心の価格でご利用いただけます。

タイヤ交換の手順

  • リフトアップ
    まずはジャッキアップを行います。ジャッキアップした車体は不安定な状態となるため、しっかり固定します。「ジャッキアップポイント」と呼ばれる、ジャッキアップ用に補強された部分を利用することで、車体に負担なくジャッキアップができます。
  • 取り外し
    ホイールカバーを外し、ホイールナットを緩めていきます。ホイールに傷を付けないよう注意しながら行います。同時に、ボルトの状態等も確認します。
  • 組み替え
    タイヤの着脱は、チェンジャーを使います。タイヤチェンジャーは20インチまで対応可能です。
  • バランス調整
    バランサーに取り付け、バランス調整を行います。バランスを測定し、ウェイトの多い場合や横ぶれ、縦ぶれのある場合はバランスが整うまで組み直しとバランス測定を繰り返します。
  • 取り付け、確認
    最後にトルクレンチを使用し、ナットを締め車に装着します。最後にタイヤの回転方向やサイズ等を確認します。

タイヤの寿命

タイヤは、使用していない場合でも長期的な時間の経過により寿命を迎えます。
事故を起こさないためにも、日頃の点検を忘れずに行いましょう。

  • ゴムの劣化
    タイヤは走行することにより変形し発熱します。それにより少しずつ劣化が進みます。一方、走行しない場合でもタイヤの劣化は進行します。日光や熱、水や油等の外的な要因によって少しずつ劣化していくのです。
  • タイヤの交換時期
    まずは、新しいタイヤに交換してから5年以上経過した時点で点検を行いましょう。更に、製造から10年以上経過したタイヤは、すり減りが少ない場合でも新しいタイヤへの交換をおすすめします。(寿命はタイヤにより違います)
ページ先頭へ